SUBARU Impreza WRX STI

本日もGTASAと自動車の話題をご提供。

今回は日本人でも気軽に買える国産スポーツカーの話題。

日本の自動車メーカーであるスバル(富士重工業)は、20年近く前からレガシィやインプレッサなどの準スポーツカーを生産してきました。

そして、その最新型がこちらのスバル インプレッサ WRX STIです。

写真

写真

スバル伝統の2.5L水平対向エンジンにシングルターボを装備。
308馬力を出力します。
5ドアハッチバックボディを持った車です。
これまたスバルの伝統に習い、駆動方式は4WD。
これだけの性能を持っているにもかかわらず、ドアは4つあり、4人で乗車することができます。
家族で乗る車としては若干後部座席が狭いですが、山道や高速道路ではその実力を発揮することでしょう。
先週も紹介したBBCが提供する自動車番組、TopGearでは2年前にこの車が、三菱のランサーエボリューションⅩと比較されました。
この2台は、WRCに出場していた日本車として競い合っていた車同士、コンセプトも似通っていました。
しかし、スバルは2008年にWRCからの撤退を宣言。
ランサーエボリューションとは完全に異なる道を歩むことになります。

スバル車の特徴としては、国産車にも関わらずの高出力。
そして標準装備の4WDと水平対向エンジンです。
水平対向エンジンは、その名の通り、シリンダーが縦向きではなく、横向きに水平に並んでいるものです。
エンジン本体の高さが低くなるため、エンジンの取り付け位置を極力まで下げることができ、重心位置を下げることができます。
重心位置が下がることによって、車体のバランスが向上し、加速やハンドリングなどに大きく影響しています。
これは、レース用の車に装備されているドライサンプシステムや、マツダのロータリーエンジンなどにも同様の事が言えます。
つまり、市販車かつ、乗用車にも関わらず、レース用の自動車と同じようなパフォーマンスを追及して作られているとも言えます。
写真


ですが、純粋に私的な意見なのですが、私はインプレッサよりもB4の方が好きだったりします。
セダン型ボディのインプレッサが無くなってしまったため、セダン型の水平対向エンジン搭載の車はB4が主流となってしまいました。
GTASAにもB4のMODが出てくれればいいのですが、まだその気配はないようですし・・・orz

コメント