DesireHDのROM焼きいくつか

前回、あの後NERO XLを焼いて色々と設定を終わらせて完動環境を作っていました。

それからひと月近く経つわけですが、今やNERO XLは過去のROMになっていたりします。

その間に渡り歩いたROMは

・ICESenseV
・Xtreme Surprise
・Blackout ICS XL V2.1
・Blackout ICS Incredible v3.0.0
・Sabsa Prime v2.1
・IceColdSandwich 8.5 AOKP
・JellyTime Beta

等となっています。

最終的には殆どの物が動くBlackout ICS v3.0.0で安定していました。

ですが、最近新しいROMが増えてきたので色々試してみようと考えていました。

Sabsa Primeなんかは、その流れで焼いてみたところ、かなり良い感じなので気に入っていました。

そんな感じでSabsaやBlackoutICSを使っていたのですが、昨日の夜たまたま見つけたROMでGingerSense4というのが面白そうだったので焼いてみました。

これはGingerBread(Android2.3)でSense4.0Aを再現してみようというROMで、Xtreme Surpriseと似たような趣旨のROMだったりします。
久しぶりのGB系ROMだなー、とか思いつつ夜のうちに焼いてみた上で今日1日過ごしてみました。
device-2012-08-27-220503.jpg

Titaniumできちんと復元できないアプリがあった、APEX Launcherが使えなくなってランチャーが定まらなくて頭抱えてたりしたんですけど、それらが気にならないレベルの出来事が。
それがこちら。
2012-08-27-09-24-09-.png
▲バッテリー消費の詳細グラフ
どれも、朝起きてから電車で学校へ向かい学校に到着するまでの1時間40分程度の間の消費グラフです。
基地局はコロコロ変わり、電車内では殆どずっとネットや単語帳アプリ、Twitterをしているわけですが・・・。
明らかにバッテリーの消費速度が違います。
どのROMもbuild.propへの追記などでバッテリー消費対策はしているのですが、ここまで差が出るとは。
ROMの詳細にも「バッテリー持ちが凄いいいですよ!」って書いてあったので割と期待していたのですが、まさかここまでとは・・・。
このレベルの消費になれてしまうとICS系ROMに戻れないような気がしてなりません・・・。
あとは、GingerBreadならではの悩み(ホームアプリやらアプリ制約やら)を解決するだけだなーと思ったり。
もちろん、Sense4再現とか言ってますけど、Sense4ホームが好きなわけではないので・・・。
ちなみにきちんとBeats auidoにも対応してます。
唯一の悩みはUSB接続してもステータスバーに表示されないことくらいですかね・・・。


GingerBreadの悩みとしてあげているホームアプリ選びなのですが、正直難儀してます。
Android2.3で使えるホームアプリというと
・LauncherPro
・ADW.Launcher
・Go Launcher
・Zeam Launcher
なんかが王道だと思うのですが、どれも今ひとつ足りないんですよね・・・。
機能面だけで言えばGo Launcherがまんま自分の希望通りなんですけど、メニューボタンを押した時のあの独自な感じがすごく気に入りません。
ウィジェット追加するにしてもショートカット追加するにしてもいちいち操作が面倒すぎます。
そして何より、デフォルトホームアプリとしてPrehomeを間にはさむと、なぜか事ある毎にデフォルトホームが解除されてしまうという点が一番腹立ちます。
LPはドックのスクロールや動作の軽快さはいいのですが、無料版だとウィジェットのサイズが変更できなかったり、画面スワイプでのドロワーや通知のオープンができないのが残念。
ADWはドックがスクロールできない時点で論外。
Zeamに至っては動作軽いのは大好きですけど、ドックは特殊だし、なによりスクロールウィジェットが使えない!
・・・とまぁ、どれも長所短所がはっきりしすぎてて「コレ!」と選べないんですよね・・・。
そういう意味ではICSでのAPEX Launcherはものすごく優秀だった気がします。
あんな感じのランチャーアプリがGBにもあればなぁ・・・(遠い目

コメント