ちょっと昔の話

ちょっと昔の話、というにはあまりに昔すぎる話でもあるのですが・・・。

写真を漁っていたら出てきたのでちょっと懐かしんでみます。



8月の終わり頃の話になりますが、アキバで激安の中華パッドを購入しました。

DSCN0699.jpg
▲iPad・・・いや、違う・・・

機種はMoonseのE7001 iRobot。

おねだん驚きの2000円。

代償として、バッテリーのハンダ付けが必要でした。

DSCN0701.jpg
▲内容物一覧(青いのがバッテリー)

DSCN0703.jpg
▲本体表面には特に傷などもなし
DSCN0702.jpg
▲裏面はアルミむき出しな感じでオシャレではない
バッテリーをハンダする前に、とりあえずACアダプターを取り付けて電源を投入してみました。
DSCN0704.jpg
▲とりあえず起動は確認。
搭載OSはAndroid1.5。
CPUクロック数も500MHz程度で、タッチパネルは感圧式シングルタッチ。
メモリは256積んでいたかどうか・・・。
そんな糞スペックでしたが、適当に遊ぶには十分でした。
起動を確認したので、電源を切ってから解体に入ります。
DSCN0706.jpg
▲最上部の中央付近にマイナスドライバーを突っ込んで持ち上げてからカードを挟む
カードをグリグリと左右にずらしていくとそのままパコッとガラス部が外れます。
DSCN0707.jpg
▲タッチパネルの線(左下)を千切らないように注意
液晶が両面テープで貼り付けられているので、力づくて引っ張って剥がします。
この時液晶ケーブルを切らないように注意。
DSCN0709.jpg
▲液晶パネルの下にバッテリーがありました。
あとは、初めから入っている使いものにならないバッテリーを外し、新しいバッテリーをハンダするだけ。
そのあとは今と逆の手順で元に戻せばOKです。
注意すべきなのは、右下のカメラの位置をしっかりあわせてからではないと蓋が閉まらないこと。
とりあえず、これで実用できる範囲まではなりました。
ブラウザでネットを見たり色々出来ますね!


・・・・・・さて、現在どうなっているか?
文鎮化しました。
ちょっと調子に乗ってファームウェア焼こうとしたら、いきなりUSB接続が消えてそのままお亡くなりに。
挙句の果てに、スイッチ部(ホームボタン脇)がもげました・・・。
半田弱すぎるだろ、というか小さすぎるだろ。
というわけで、既に手元にありません。
部室にバラバラ状態で転がってます・・・。


ですが、これで中華Padの魅力に目覚めたというか、純粋にAndroidタブレットの便利さに目覚めてしまいました。
故に、現在Amazonで9000円くらいで売っているAndroidタブレットを買ってみようかなと思ったりしています。
狙いどころはNOVO7 ELF II辺りでしょうか。
【 Dual Core 搭載 アンドロイド 4.0 】 Ainol NOVO7 ELF II android 4.0 7インチ タブレットPC Amlogic8726-M6 1GRAM 8GB【 Dual Core 搭載 アンドロイド 4.0 】 Ainol NOVO7 ELF II android 4.0 7インチ タブレットPC Amlogic8726-M6 1GRAM 8GB
()
Novo7 ELF2

商品詳細を見る

CPUがCortex-A9 Dualでメモリ1GB、解像度が1024x600である辺りがポイントかなーと思ったり。
他の機種はCPUがAllWinnerA10だったり、メモリが512MBしかなかったり、解像度が800x480だったり。
値段も高くはないですし、Android4.0搭載タブレットとしてなら面白そうだな~と思っていたりします。

コメント