-2013/01/02 追記あり-

device-2013-01-01-005453.jpg

[JB-JOP40D][Unofficial] Cyanogenmod 10.1

新年最初の更新はこれまた新しく登場したDesireHD向けカスタムROMです。

CyanogenModシリーズは、現在最新が10.1で、Android4.2を搭載しています。

ですが、DesireHD向けのCyanogenModシリーズは公式ではCM7以降、提供されていません。

ICS時代のCM9から公式リリースがない中、DesireHDはCM以外のカスタムROMが数々有りました。

そんな中、今回現れたのはUnOfficialですが、CyanogenModの最新版である10.1のROMです。

搭載しているのはAndroid4.2.1 JellyBeanの第2世代です。

現状では、このAndroid4.2を搭載しているのはこのROMとcodefireXだけでしょうか。

まず最初に、動作の感想なのですが、これがもう素晴らしい。
JellyTimeを経験している人はよく知っていると思うのですが、JellyBean特有のヌルサク感は維持されています。
なおかつ、4.2から搭載されたQuick Settings Panelや、開発者オプションの詳細化、メモリ管理などがより洗練されている感があります。
device-2013-01-01-023651.jpg
▲Quick Panel Settings
Quick Panel Settingsは、通知バーを下ろした上で、右上のボタンを押すと切り替え可能です。
初期状態ではNexus7などと違い、ステータスバーの右上をスライドさせても表示されないので注意です。
CyanogenModのINTERFACE設定の「System」から「Quick Settings Panel」の中の「Quick Pulldown」をオンにすることで、Nexus7のように右上スライドで表示できるようになります。
device-2013-01-01-010724.png
▲RAMは起動直後で350MBが空き、使用中でも250~300MBの空き
Anrdoi4.0.4+Sense4.1だったSabsaPrime11.0では、常時200MB程度の空きだったので、RAMにも余裕があります。
非公式とはいえ、十二分に実用可能なカスタムROMかと思われます。


device-2013-01-01-005749.jpg
▲プリインストールアプリ一覧
プリインストールアプリは、GAPPSを焼いた上でこんな感じ。
少なくてすっきりしています。
device-2013-01-01-005901.png
▲JellyBean以降の検索、GoogleNowも搭載
標準ホームはCyanogenMod標準のTrebuchetランチャーがプリインストール。
音楽アプリにもCyanogenMod標準になりつつあるApolloがインストールされています。


device-2013-01-01-010021.jpg
▲カメラアプリはJellyBean標準
標準のカメラはJellyBean標準アプリですが、360度パノラマ撮影のPhoto Sphereは無効になっており、項目がありません。
写真撮影モードでは8MPの最高画質設定でも問題なく撮影できました。
動画撮影モードでは720Pでの撮影時に画面のカクツキが生じましたが、撮影した動画では問題ありません。
低速度撮影機能も対応しているので、気になる人は試してみてはどうでしょうか。
サードパーティ製アプリでの撮影は静止画のみ確認しましたが、問題なく撮影できました。


device-2013-01-01-005718.png
▲開発者オプションのメニュー
Android4.2からは、開発者オプションが詳細化されたと同時に、隠し項目となりました。
表示するためには、端末情報のページの「ビルド番号」を連続でタップすることで表示されます。
CyanogenMod系でのCPUクロック数調整などに使う「Performances」ページもこれで表示されます。
device-2013-01-01-010451.jpg
▲PerformancesページとQuadrantベンチスコア
面白いのは、他のROMではたいていgovernanceが「ONDEMAND」設定になっているのですが、このCM10.1ではONDEMANDをより強化した「SMARTASS V2」が初期になっていました。
これはこれで、相当省電力かつパワフルな設定なので、是非このまま使用するといいかと思います。
MAX Freqを1200MHzにした上でベンチしたところ、スコアはこれまでのJB系ROMよりも高い数値が出ました。
元々ヌルサクと動くJB系ROMでこれだけスコアが出ればとても快適な感じです。


というわけで、最新OSであるAndroid4.2.1なわけですが、とても使いやすいROMに仕上がってます。
いくつか気になる点としては、充電ケーブルを抜いた後、充電ランプのオレンジがしばらく消えませんでした。
2~3分はそのままだったかと。
そのまま風呂に入ってしまって、戻ってきたら消えていたのでいつ消えたのかはわかりませんが。
日常的な使い方では特に不満が出るわけでも無さそうですし、せっかくなのでしばらく常用してみたいなと思っています。
バッテリー消費などがどうなのかも試してみたいですしね・・・。
バッテリー消費については後日、追記できたらしておきたいと思います。


2012/01/02追記
device-2013-01-01-142905.png
▲バッテリー消費グラフ
数時間、自動車で移動しながらTwitterや2ch、インターネットなどをしつつ音楽を聞いてみました。
結構ハードな使い方ではありますが、バッテリー消費は普通並か、少し多いくらいでしょうか?
魔法のn行の設定をしているおかげかはわかりませんが、スリープ中の電池消費はほとんどありません。
使用しなければ、1時間で3~5%くらいでしょうか?
device-2013-01-01-221319_.jpg
▲電話番号設定がない
コメントされてから気づいたのですが、他のCM系ROMと同じく、電話番号が「不明」になっています。
ですが、電話アプリから電話番号の設定ができません。
アクティビティ一覧を確かめたり、xdaなどを確かめたりもしましたが、直接入力する方法が見当たりません。
解決方法が今のところはないということになるのでしょうか。
device-2013-01-02-112448.png
▲カメラのシャッターを切った瞬間
それと、実用には問題ないのですが、シャッターを切った瞬間に緑になります。
HWオーバーレイを無効にしたり有効にしたりしても変化がないので、解決方法は無いかと。
実用に問題ない範囲ではありますが、やっぱり気になります。
それと、画面回転をオフにしているとカメラのインターフェースが回転しません。
これはやっぱり少し不便ですね。

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 25f12707f14ccae892de4923c41ff618
    私もCM10.1を焼いたのですが、タイトルの「電話番号表記」ができなく、Viper1.2.3に戻してしまいました。通常は電話アプリから電話番号の追記ができるはずなんですが、android4.2ではできないのでしょうか。もし対応策が分かるようでしたらご教授頂けますでしょうか。

    返信削除
  2. くまもっち2013年1月3日 6:03

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    > 私もCM10.1を焼いたのですが、タイトルの「電話番号表記」ができなく、Viper1.2.3に戻してしまいました。通常は電話アプリから電話番号の追記ができるはずなんですが、android4.2ではできないのでしょうか。もし対応策が分かるようでしたらご教授頂けますでしょうか。
    ちょっと色々確かめてみたのですが、確かにMy Phone Numberの項目がありませんね。
    追記にも書いた通り、現状では自分で電話番号を設定することはできないようです。
    海外フォーラムでも話題になっていない辺り、この症状(不明になる)は日本限定なんでしょうかね。

    返信削除
  3. SECRET: 0
    PASS: 25f12707f14ccae892de4923c41ff618
    回答ありがとうございます。
    確かに日本だけの現象のような感じです。
    軽さは魅力ですが、Viperでsence削除仕様に戻します。
    CM10.1の修正等が入ったら再度挑戦してみます。

    返信削除
  4. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    カメラが回転しないのはjtも同じですよ
    jtのアップデートが止まっちゃったのでいずれはこっちが主流になるのかなー

    返信削除

コメントを投稿