五稜郭公園に花見に行ってきてGL07Sを使ってみた

今日は天気は曇りでしたが雨の予報はなく、ちょうど桜のシーズンが来たということだったので五稜郭公園に花見に行って来ました。

IMG_20130518_122714.jpg
▲五稜郭跡の石碑(※)


久しぶりにガッツリ写真を撮る機会だったので、重装備で行こうかとも思いましたが行く手段が徒歩+バスだったので必要な物だけ持つことに。

ついでにGL07Sの写真撮影のテストもしてみようと考えました。

そんな訳で、デジタル一眼レフとGL07Sで写真を色々撮って来ました。

今回はGL07Sで撮影した写真をメインに紹介したいと思います。

ところで、GL07SにはHDR撮影機能が備わっています。

この記事に限らないのですが、HDR撮影した写真を掲載する際には、元の写真(非HDRの写真)のリンクも併記しておきます。

注釈の後の(※)をリンクにしますので参考までにその差を見ていただければなと思います。



IMG_20130518_122755.jpg
▲外堀の水面にも桜が少し映っています(※)
IMG_20130518_123118.jpg
▲五稜郭タワーと桜の花(※)
IMG_20130518_123249.jpg
▲桜の花は満開に近かったです
実際には満開を少し通り過ぎ、葉っぱが出てきてしまっています。
満開は先週の土日辺りだったようですね。
IMG_20130518_130938.jpg
▲箱館奉行所(※)
箱館奉行所は公園内中央にあるわけですが、中は見ませんでした。
建物も綺麗です。
公園内は非常に綺麗に整備されていて、歴史的施設と言うよりは本当に公園ですよね。
IMG_20130518_130514.jpg
▲箱館奉行所と梅
おそらく、これは紅梅だったと思います。
IMG_20130518_131104.jpg

これで、天気が晴れて青空が出ていればもっと良かったなと思うのですが・・・。
IMG_20130518_131213.jpg
▲桜並木
IMG_20130518_131506.jpg
▲上から見ると桜の絨毯のようです
IMG_20130518_132638.jpg
▲パノラマ写真
GL07Sの標準カメラにはパノラマ撮影機能があり、これがなかなか優秀。
パノラマ写真を自動で生成してくれる上に、解像度も高いままなので非常に綺麗です。
写真の繋ぎ目に違和感がない辺り、凄いなあと感じます。


ひと通り公園内を散策して桜も満喫したので、次は五稜郭タワーへ向かいました。
IMG_20130518_142517.jpg
▲チケットを入手していざタワーの上へ
花見シーズンの土曜日ということもあり、観光客が多めで割と混んでいました。
とはいえ、エレベーターも待つこと無く乗ることが出来たので一安心。
IMG_20130518_143718.jpg
▲五稜郭公園の全景
タワーはそれほどの高さはないですが、函館市内を一望できるような感じになっています。
五稜郭公園全体を見渡すことももちろん出来るようになっています。
IMG_20130518_143003.jpg
▲函館山と函館港を一望出来ます
いつかは函館山からの夜景も撮りに行きたいですね。
夏、とは言いませんが近いうちに行きたいと思っています。
とりあえず、今日の五稜郭公園での花見はこんな感じでした。
自分も五稜郭公園に行くのは初めてだったので、どんな感じなのかがよくわかって良かったです。
公園内は自然も多くて設備も綺麗なので、ピクニック感覚で遊びに行くのもいいかもしれませんね。


さて、今回掲載した写真は全てGL07Sで撮影した写真でした。
カメラはExmor RSの裏面照射型1300万画素CMOSカメラですが、かなり綺麗に撮れているなと感じました。
スマートフォンの写真はDesireHDやXperia goは「汚くはないが綺麗でもない」と言った感じだったので、この画質には驚きました。
また、シャッター速度もかなり早くなっているなと感じました。
小さなレンズですがF2.2のレンズで1/1000という高速なシャッター速度で撮影できているようですね。
明るい場所では無敵だと感じました。
動体撮影も楽々出来るんじゃないでしょうか。
ズームはデジタルズームなので余りおすすめしませんが・・・
最後に、GL07Sで撮影した動画を掲載します。
動画撮影は手ぶれ補正がほとんど効いていないも同然で、歩きながらの撮影は見るに耐えないものになってしまいます。
なので、動画はYoutube側での手ぶれ補正機能を利用しています。
実際の動画より画質は劣化していますが、大体こんな感じに撮れますよ、というのを見ていただければと思います。

コメント