Lumia820のカメラについて



NokiaのLumia 820と言えば、カメラに力を入れていることで有名です。
Lumia 820に搭載されているカメラはF値が2.2のCarl Zeiss製レンズです。
Carl Zeissと言えば、一
眼レフ用レンズとしても高級品ですし、双眼鏡や顕微鏡などでも有名です。
F2.2のレンズと言うと、国内の端末で言えばXperia ZやSTREAM Xなどが当てはまりますね。
ちなみに、STREAM XはXperia Zと同じExmor RSセンサーを搭載しています。
今回は、Lumia 820のカメラと同じF値を持つSTREAM X(EMOBILE GL07S)を比較対象として、カメラの画質などを見て行きたいと思います。

最初は晴天の昼間の写真から比較していきます。

まずはこちらはSTREAM Xでの写真です。
鮮やかめの発色ですね。

つづいてLumia 820での写真です。
発色は落ち着いていて、見たままに近い自然な色合いが出ています。
一番黄にしたのは、画角の差です。
両機種とも、同じ位置・同じ角度の広角端で撮影したものです。
Lumia 820の方が若干画角が広いことにお気づきでしょうか。
正面の3本の木の左右の余りがLumia 820の方が広い辺りから分かります。
写真を撮影する際、集合写真などでは画角が割と重要視されることも多いのでコレは重要だなと感じます。
色合いが鮮やかすぎ無いという辺りも好印象です。
パッと見の綺麗さを求めるのであればSTREAM Xのような高コントラストが望まれますが、じっくり見た時の綺麗さであれば実際に近い色合いの方が望まれます。

次に、夜景撮影を見てみます。

こちらはSTREAM Xで撮影した写真。
暗い背景に惑わされずに本来に近い明るさを出せています。
ただし、赤や緑の色合いは実際よりかなり濃いように感じます。

一方でコチラはLumia 820で撮影した写真。
画角が広いことは良いのですが、若干白飛びしているように見えます。
店舗ロゴ部分は完全に潰れてしまっていて見ることができません。
右側の自動車や、建物の二階以降などがかなり明るく写っているので、暗い背景に合わせた結果、でしょうか。
確かに明るく、全体が見える写真が取れるのですが、正確な写真とは言いづらいです。
また、全体的に緑がかった色合いになっているように見えます。
夜景撮影に関しては、Exmor RSを搭載したSTREAM Xの方が強いかもしれません。

さて、そんな訳で明るい場所と暗い場所での撮影をそれぞれ比較してみました。
カメラの性能そのものはLumia 820の方が良いのですが、センサーの調整具合などはやはりSONY製のExmor RSが強かったかもしれませんね。
広角側が広く、自然に近い色が出るLumia 820は昼間に、夜景撮影などはSTREAM Xを使うのがいい使い分けかもしれません。

余談ですが、Lumia 820の上位機種、Lumia 920はF値が2.0のレンズを搭載しており、そちらは820よりかなり完成度が高いようです。
また、Lumia 820の下位機種 (LTE非対応など) であるLumia 720は、下位にもかかわらずLumia 920以上のF1.9のレンズを搭載しているそうです。
カメラ機能を最重要視するのであれば、Lumia 720の方を検討してみてもいいかもしれませんね。
参考:Lumia 720実機レビュー WP8で世界標準を目指すノキア:週アスPLUS

※この記事は「カメラのある日常」にも掲載していますが、内容は同一です

コメント