S42HW ソフトウェア面とかRootとか


S42HWですが、通話専用機種とはいえバッテリー容量が1100mAhしかなく、通常の状態では電池の持ち具合も心配です。
また、端末のCPUスペックやRAM容量、ROM容量も現行機種とは雲泥の差で、ある程度のカスタマイズを施す必要があります。
また、それに伴いRoot化作業を行いました。


 純正状態でのアプリ一覧です。
2ページ以内に収まる内容ですが、ただでさえ少ないシステム容量に余計なプリインストールアプリが複数入っています。
これらを削除するため、まずはRoot化作業を行います。
Root化作業については下記サイトを参考にさせていただきました。
smart bar[S42HW]のroot化&プリインストールアプリ削除&カメラ無音化

Root化を行えたので、次にRoot済端末でのアプリケーション管理に便利な「Titanium Backup」をインストールしました。
TitaniumBackupを使ってプリインストールアプリの削除と、ユーザーアプリのシステムアプリ化を行います。
プリインストールアプリの削除についても上記のサイトで削除して良いアプリのリストが掲載されているので、それを参考にしながら削除していきます。

プリインストールアプリを削除すると、30MBほどの空き容量が"システムROM側"にできます。
ユーザーがインストールしたアプリとシステムアプリは別パーティションにインストールされるためこのようになっています。
ここで、ユーザーアプリケーションの内のいくつかをシステムアプリに変換することでユーザー領域に空きを作ります。
なお、自分の環境では「Opera Mini」「Dropbox」を移動させるとエラーが発生して起動しなくなることを確認したので、エラーの出るアプリは移動させないほうが良いでしょう。

Titanium Backupによるアプリの削除作業が終わったら、次にハードキーのキー配置を変更します。
自分のようにSIMフリー化して通話専用で使う場合、ブラウザボタンやポケットWi-Fiボタンは必要ありません。
キー配置の変更について、以下のサイトを参考にしました。
こちらのサイトでも紹介されていますが、「びろ~ん」というアプリはキーに通知呼び出しを割り当てられるので非常に便利なアプリだと思います。

キー配置の変更を終えた後、以下のRootアプリをインストールしました。
・AutoKillerMemoryOptimizer→RAM管理を「Strict」に設定することで少ないRAMでも快適に
・DroidWall→データ通信ONの時余計な通信をしないように必要ないアプリの3G通信を遮断
・AdAway(マーケットから削除済)→アプリ画面で表示されてしまう広告を除去する
・FasterFix→AGPSサーバーを日本のものに変更して応答速度を早める
・LCD Density→画面密度を変更し文字やアイコンを大きくする(240→260に)
・aScreenShot→サーチキー長押しでスクリーンショットの撮影を可能に

また、非Rootアプリとして以下のアプリをインストールしました
・AdvancedTaskKiller→バックグラウンドアプリを即終了するために
・BatteryMix→バッテリー残量の表示と履歴の閲覧のために
・ESファイルエクスプローラー→定番ファイラーアプリ
・Google日本語入力→ケータイ配置の物理キーでも入力できる優秀なIMEソフト
・GPS Status→AGPSによるGPS衛星捕捉のサポート
・Opera Mini→緊急時のブラウザ閲覧で通信料を軽減するために
・PreHome→ホームキーのダブルタップで起動済アプリや起動履歴が見れる
・Quickpic→定番の画像ビューワーアプリ
・twicca→軽量で見た目はシンプルだが高機能なツイッタークライアント
・Widgetsoid→ホーム画面に配置してWi-Fiやデータ通信のオンオフ(要Root)をワンタッチで切り替え
・Softbankメール→マーケットから最新版を落としたがSIMフリー端末でも送受信可能
・LauncherPro→軽量なホームアプリ。他もいくつか試したがドロワー含めて一番軽かった。

とりあえずはこれらのアプリを入れた状態で運用していこうと思っています。
標準状態でROMが200MB程度しかないので余りアプリもインストール出来ないので、もっとたくさんのアプリをインストールしたい人はApp2SDのようなアプリを利用してSDカード上にインストールすると良いかもしれません。

現状でこれらのアプリを入れた状態でデータ通信をオフにしておくと、1.4%/hくらいの電池消費になっています。
通話を行うと20%/h程となってしまいますが、そもそも何時間も通話することは稀なので問題はないと思っています。

ついでとなりますが、SoftbankSIMを挿した際のAPNはOpenSoftbankを利用しました。
APNを設定しなくても通話・SMS受信は可能です。
一部サイトで「最新版のSoftbankメールアプリはSIMフリー機種で受信できない」とありますが、この機種に関してはAndroidバージョンが古いからか、マーケットから落とした最新版(2.7)でも送受信可能でした。

コメント