Nexus5にDalvik Patchを当ててみた

カスタムROMを導入して以降、定期的にxdaのフォーラムを見たり、2chのROM焼きスレを見たりしているのですが、2chのスレのほうで少し前に話題になったのが「Dalivk Patch」と呼ばれるものでした。

元々は「Moto X Dalvik Optimizations」と呼ばれていて、Moto Xで実装された機能のようです。
これをNexus4向けに移植したものが、Nexus5でも利用できる、とのことです。
ファイルはxdaのフォーラムにて配布されています。

[4.4][PATCH] Qualcomm-optimized Dalvik & Bionic libraries
上記リンクはNexus4フォーラムの古いものだったので、Nexus5フォーラムのものに挿し替えました。

[MOD] Dalvik+bionic library optimization - Flashable Zip


タイトルを見れば分かる通り、このパッチはAndroid4.4以降のみが対象となっています。
投稿に添付されているZIPファイルを使用します。

ダウンロードしたファイルはそのままNexus5に転送し、リカバリーからFlashすることで適用されます。

今回はついでにカーネルをElementalX 0.10に変えてみました。
[KERNEL] [Nov27] ElementalX 0.10
0.10はまだベータ版ですが、今のところ不具合は見当たりません。
こちらもダウンロードしたzipファイルをリカバリーからインストールすると、AROMA Installerで導入することが出来ます。

以下、Quadrantでのベンチスコアです。
パッチ適用前
 パッチ適用前のスコアは
CPU:20462、Mem:17943、I/O:7371、2D:254、3D:2231
となっています。

パッチ適用後
ひと目で分かる通り、スコアが倍どころか2.5倍くらいになりました。
スコアは
CPU:89402、Mem:16908、I/O:7422、2D:333、3D:2290
となりました。
CPUのスコアが4倍以上に跳ね上がりましたが、他のスコアはそれほど変わりません。
Dalvik PatchはCPU関連の設定しか変えないので当然の結果ではあるのですが・・・。

続いてもう一つの定番アプリAntutuでの結果です。

パッチ適用前

パッチ適用後
見れば分かる通り、Dalvikのスコアがかなり上がっています。

というわけで、このパッチはかなり効果があるのかな?と感じます。
まぁそこまでCPUを使う作業をスマホでするとも思えないのですが・・・。
パッチを当てること自体は簡単なので、興味のある方は試してみてはいかがでしょうか。

コメント

  1. ARTとpatchedDalvikだと、どちらが動作が良いのでしょうね

    返信削除

コメントを投稿