家計簿アプリを使ってみた


1人暮らしを初めて1年になるのですが、今更ながら家計簿をつけ始めました。
最近はスマートフォンで付けられる便利なアプリが色々出てるので、そのうちの1つ「ReceReco」を使ってみました。
そして、想像以上に便利だったのでレビューをしたいと思います。

【無料家計簿の決定版】ReceRecoレシート撮影で支出管理 1.0.12
カテゴリ: ファイナンス
Google Playで詳細を見る


ReceRecoはその名の通り、レシートをレコード(記録)できるアプリです。
レシートの写真を撮影することで、内容を自動でスキャンして取り込んでくれるという非常に優れたアプリです。

 レシレコを起動したら、「ユーザー名でログイン」を選択します。

 初めての方は「新規アカウント登録」を押して、アカウントを登録します。
登録済みの方はユーザー名でログインしてください。
一度ログインすると、二度目以降の起動ではログインは不要になります。

 メイン画面です。
それまで記録したレシートの履歴が表示されます。
左下のカメラボタンをタップするとレシートの記録モードになります。

 レシートを撮影します。
左下の撮影のコツにもありますが、出来れば合計金額や消費税金額、カード割引などの情報が入らないように撮影すると良いです。
というのも、撮影時にそういった項目が購入商品として認識されてしまうことがあるためです。

 撮影が終了すると、品名や店名、日付などを自動で認識し、合計金額を自動で出してくれます。
品名については半角カタカナなどの認識に誤字脱字が発生しやすいです。

項目をタップすると編集画面に移行します。
品目や価格が間違っている時は、ここで手入力して修正します。
今回は「シットリショクパン」が「シツ|リシヨクパン」になっているので修正しました。

 「費目」を選択すると、どのような内容かを選択することが出来ます。
内容はスクリーンショットにあるような大項目の中に、更に小項目が幾つかあります。
(今回は食費を選択し、小項目は「食料品」を選択します)

修正が終了したら「保存」ボタンを押すだけで、レシートの登録が終わります。

 メイン画面を左端からスワイプするとメニューが表示されます。

右上のアイコンを選択すると絞り込みを行えます。
期間や費目、店舗名などで検索することができるので、過去に遡っての検索も非常に楽です。

カメラ認識での登録なので、いちいち手入力をする作業が全て消え去るというかなり画期的アプリだと思います。
iPhone版などもあるようなので、Androidユーザーではない方でも使えるのではないでしょうか。

また、すべてのデータをCSV形式で出力することが出来るため、PC上で再計算したり、他のソフト等で取り扱いもしやすいのではないでしょうか。

コメント