Moraでハイレゾ音源を購入してみた


最近は音楽配信サービスが活発になってきていて、特別なソフトをインストールしたりせずに簡単にダウンロードできるようになりました。
以前はDRM保護が掛かっていたりしてファイルの扱いが非常に面倒だったりで避けていた音楽配信サービスですが、最近ではDRMフリーのサービスも増えてきました。
有名ドコロではAmazonが提供するAmazon MP3、Appleが提供するiTunes Store、Sonyが提供するMoraなどがありますね。


ちょうど、今期視聴しているアニメのOPやEDが大体発売されて欲しい曲が増えたなーというタイミングだったので、試しに音楽配信サービスで購入してみることにしました。
候補としてAmazon MP3とiTunes Store、Moraを考えていましたが、Amazon MP3では欲しい楽曲が配信されていなかったこと、そしてiTunes StoreはiTunesをインストールしなければならないこともあり、今回はMoraを使用することにしました。

MoraはSony系なだけあって提供している楽曲が多い上、最近流行り始めた「ハイレゾ音源」の配信を行っています。
幸い、手持ちのLGL22 isaiはハイレゾ音源対応のスマートフォンです。
今回購入した数曲のうち、ハイレゾ音源配信楽曲はKalafinaのbelieve(Fate/stay nightのエンディング曲)と藍井エイルのIGNITE(SAO2のオープニング曲)と讃州中学勇者部のホシトハナ(結城友奈は勇者であるのオープニング曲)の3曲でした。
このうち、ホシトハナのみが324円で他は全て540円でした。
ハイレゾ音源は基本的に1曲540円で販売されているようだったのですが、今回は初めてのハイレゾ音源ということで少し安めのホシトハナを購入してみました。
TVアニメ「結城友奈は勇者である」オープニングテーマ「ホシトハナ」
三森すずこ,内山夕実,黒沢ともよ,長妻樹里) 讃州中学勇者部 (照井春佳
ポニーキャニオン (2014-11-05)
売り上げランキング: 289


ダウンロードした楽曲はFLAC形式の音声データです。
容量は143MBと、通常のAAC版音源の10MB前後と比べて10倍以上の容量です。

 FLAC形式に対応している音楽プレイヤーではアルバムアートや楽曲名などの情報が表示されます。
LGL22 isaiの標準音楽プレイヤーはFLAC形式のハイレゾ音源に対応しているため、正しく表示されます。
対応していないWindows Media Playerなどにffdshowコーデックなどを組合せて強引に再生した場合、楽曲情報は正しく読み込まれませんでした。

プレイリストなどで楽曲を確認すると、アーティスト名の横に「Hi-Fi」のアイコンが表示されています。
ハイレゾ音源対応であることがわかります。

実際にハイレゾ版を聞いてみた結果ですが、AAC 320Kbpsで提供されている試聴用音源と比較した時、5000円程度のHA-FX3Xイヤホンでは大きな違いは感じ取れませんでした。
本来ハイレゾではローパスされている可聴域を超えた音域をそのままにして可逆圧縮することでノイズを低減させるわけですが、元々低音寄りのFX3Xではその真価は余り発揮できないということでしょうか。
一方で、比較的高音よりとも言えるAKGのK601ヘッドホンを用いて聞いてみると若干では有りますが音がクリアになる感じがします。

とは言え、個人的な感想としては「ハッキリとした違いは分からないので一般人がハイレゾを買う理由は殆ど無い」でしょうか。
機材をしっかりと揃え、万全の体制で楽曲視聴に臨むのであればともかく、スマートフォンに入れて移動中に聞くような用途でハイレゾはほとんど無意味でしょう。
敢えて200円も高いハイレゾ版を買うのであれば、その金額でもう1曲買ったほうが賢明とも言えます。


ちなみに、今期のアニメ楽曲で個人的なイチオシは「俺、ツインテールになります。」のエンディング曲である「ツインテール・ドリーマー!」です。
ツインテール・ドリーマー!
テイルブルー(CV:相坂優歌),テイルイエロー(CV:赤﨑千夏)] ツインテイルズ[テイルレッド(CV:上坂すみれ)
ポニーキャニオン (2014-10-22)
売り上げランキング: 803

盛り上がるメロディラインと、いかにもなアニソン風味がいい感じです。
最近作業用BGMに使ってます。

コメント