PCケースをNZXT H440に変えました


自宅で使用しているメインのデスクトップPCのケースは、今までZALMANのZ9 Plusでした。
安価な製品の割には多機能で良かったのですが、アルミ板がペラッペラな点とメッシュ構造が多すぎることなどから音がうるさく、埃もたまりやすいという欠点があったため新しいPCケースへと交換することを決意しました。


今回購入したのはNZXTというメーカーのH440というケースです。
DOS/V誌などで何度か取り上げられていた他、PCパーツ系レビューなどで度々目にしていて気になっていたPCケースです。

 箱裏面にはケースの特徴が書いてあります。
箱にも書いてありますが、今回購入したのは限定カラーである青色モデルです。
通常はホワイト/ブラックと、ブラック/レッドの2色しかないのですが、限定モデルとしてブラック/ブルーやブラック/グリーン、ブラック/オレンジなどが販売されています。

 ケースの全体像です。
フロント側には全く何もなく、カバーで覆われている状態です。
一般的な静音ケースではここが蓋になっていて開けると5インチベイが使えるというものが多いのですが、このケースはなんと5インチベイがそもそも無いモデルなのです。


電源ボタンやUSBポートなどは天板の手前側に集めてあります。
上向きの端子なので、ホコリ等が気になる人はキャップを買ったほうがいいかもしれません。

細かい仕様などは各種レビューサイト様を見てもらいたいと思いますが、現状では大変に満足しています。

Z9 Plusから奪い取った青色LED付きの12cmファンを天板裏側に付けたために内部のイルミネーションのようにもなっていて、側面のアクリルパネルから見える内部がカッコイイです。


実は、このケース購入を筆頭とした長期的なPCのアップグレード計画を考えています。
とりあえず直近では、某ウェブサイトの光加入サービス(ちょうどフレッツ光の契約タイミングと重なったので)を使ってグラフィックボードのアップグレードをする予定です。
コレに関しては既に商品の発送もされており、近日中にGTX660からGTX970へとアップグレード予定になります。(もちろんVRAM 4GB問題は知っていますがそれを考慮しても価値はあるので)
MSI GTX 970 GAMING 4G グラフィックスボード VD5507 GTX 970 GAMING 4G
MSI COMPUTER (2014-09-26)
売り上げランキング: 1,031

その後、CPUクーラーを現在のリテール品付属クーラーから、CRYORIGのH5 UNIVERSALへと変更予定です。

またCPUとマザーボードは、冬頃発売と噂されているSkylake世代へのアップグレードを予定しています。
長期的にじんわりとアップグレードしていけたらなあと考えていますが、途中でストレージ関連のアップグレードはちょくちょく挟むかもしれません。
特に、SSDを追加して行ったりは普通にありそうですね。

コメント